So-net無料ブログ作成

「クイックリリースクランプ」と「レンズフット」 [撮影機材・用品]

機材ネタが続きます。

一脚と超望遠レンズは直付けする方が多いと思いますが、私は直付けしない派です。

直付けしない理由は…
・1/4インチネジor3/8インチネジだけの直付け固定にどうしても不安がある(ヨンニッパは重いので)。
・サーキットでは撮影時以外(車に戻った時や休憩時など)一脚からレンズを外すことが多い。
・付け外しが多くなることによるレンズフット(三脚座)裏面の塗装の剥げを避けたい。
・付け外しの作業をスムーズにしつつも、ガッチリ固定したい。
といったところ。

そんな理由から最近までは一般的なクイックシュー&プレートを使っていましたが、取付け部分に今ひとつ満足出来ない状況でもありました。
でも先日購入した「Makins QR-60」と「KIRK LP-55」により一気に悩みが解決し、やっと仕様が落ち着きました。

これに至る経緯としては、昨年のMotoGPに行った時にRRS社のクランプとレンズフットを付けている方がいたので、声をかけて話を聞いているうちに欲しくなり、アルカスタイル(Dove Tail型)への変更を検討してきたという感じです。

クイックリリースクランプは「レバータイプ」を前提に、一脚との固定が3/8インチネジ(太ネジ)、各社のアルカ互換プレートに対応出来るようクランプのトルク調整(締付け幅調整)付き。を条件に探しました。

レバー式の製品では米国のRRS(Really Right Stuff)社が先駆けですが、直販サイトでの個人輸入でしか購入出来ず(ハードル高くて無理…)、調整機能が無いのでパス。
本家アルカスイス社のレバー式クランプは値段が高すぎて無理。
国内で購入出来る中国のBENRO社もレバー式のクランプを出していますが、トルク調整機能はあるものの1/4インチネジ(細ネジ)のみでの固定しか出来ないのでパス。

で、いろいろ調べていくうちに好条件が揃った韓国のMarkins社製に辿り着きました。日本語対応の直販サイトから購入可能で、3/8インチネジ(太ネジ)固定、トルク調整に加え、ロック方向を反転させる機能付き。韓国製ってどうなんだろうと思いましたが、デザインも構造も非常にしっかりとしています。
一方、アルカスタイルのレンズフットはRRSとKIRKの2社のみしか製品が出ていないので、必然的に国内の通販で購入出来るKIRK社製を選択しました。


レンズフットLP-55は「EF400mm F2.8L」、「EF600mm F4L」、「EF800mm F5.6L」(※IS USM)
に適合。純正レンズフットとの比較もほぼ同サイズ。

「Markins QR-60」に「KIRK LP-55」を付けてみたところ、ガッチリと挟み込んで固定され、クイックシュー&プレートとは比べものにならない程の安定感を得られました。
「KIRK QRC-2」の方はノブタイプのクイックリリースクランプも使ってみたかったので半ば勢いで買っています^^;
※3/8インチネジ固定の「QRC-2.5」が欲しかったのですが入荷に時間がかかりそうだったのでやめました…


今まで使っていたクイックシュー&プレート。

プレートを付けたままだと純正ハードケースに収まりにくいので付けっぱなしという訳にもいかず、サーキットからの撤収時は結局プレートを外さなければならない事も不満でした。またヨンニッパクラスの重さともなると「レンズとプレート」、「クイックシューと一脚」共に3/8インチネジ固定じゃないと安心出来ません。


今回の仕様変更で、安心感・安定感が得られ、使い勝手も向上しました。

nice!(5)  コメント(5) 

nice! 5

コメント 5

Lupin

クイックシュー使ってますがあまり考えずに使ってます・・・^^;
by Lupin (2011-09-11 23:54) 

N*shot

Lupinさん、ナビパさん、sasukeさん、rebeccaさん、dueさん
 nice…ありがとうございます

Lupinさん
 実戦で使ってみましたが、
 一般的なクイックシューよりも非常に良いですよ。
by N*shot (2011-10-03 01:24) 

ヨーダ

はじめまして。
レバー式のRRSを調べていて、ここへ辿り着きました。
Markins社の存在を初めて知りました。
安くて日本語対応でいいですね。

QR-60とLブラケットを購入しようと考えていますが、このQR-60というのは自由雲台専用のクイックシューなんですかねぇ?
3Wayなどの雲台には装着可能なのでしょうか?それが気になってます。
by ヨーダ (2012-05-22 13:12) 

N*shot

ヨーダさん
 コメントありがとうございます。ご質問の件ですが、
 3way雲台、自由雲台、一脚ヘッド…何でも装着可能です。
 QR-60の場合、取り付けネジが3/8インチ(太ネジ)対応と
 なっていますので、雲台側が一般的な1/4インチ(細ネジ)の場合は
 変換アダプターを使用すれば取り付け出来ます。
 お持ちの雲台が3/8インチ、1/4インチ両対応なら問題でしょう。
 変換アダプターはエツミ、ハクバ等の国産メーカーはもちろん、
 KIRK、Markinsなども販売しています。ご参考になれば幸いです。
by N*shot (2012-05-22 23:39) 

ヨーダ

一気に疑問が解決しました。
ありがとうございました。

RRSのレバー式クランプは、ネジ穴が3つありましたが、Markinsの方は1つだったので自由雲台のみなのかと思っていました。1箇所止めるだけで十分なんですね。
当方は、マンフロットとジッツオなので太ネジだと思います。

Markinsの方は、ネジの調整次第で、RRSやKIRKのプレートも使えるんですよね?
価格も安くて、日本語対応は助かります。

by ヨーダ (2012-05-23 15:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。